逆SEO対策は削除依頼してくれない苦悩の対策

インターネット上では有益な情報を提供しているサイトばかりでなく、ギュクに害悪な誹謗中傷の書き込みであふれているサイトも少なからずあります。そのようなサイトではたくさんの風評被害をもたらすばかりでなく、営業妨害や人権侵害などの犯罪に発展しかねないために管理者が常に監視把握して不適切な書き込みを抹消しなければなりませんし、削除要請が来たら即座に応じなければなりません。ですがサイトの中には管理者が不在あるいは管理不能状態に陥っていたりあるいは管理者自身が誹謗中傷を擁護しているような立場にあったりなど悪質な事例も多々あります。そのような場合は強制削除あるいはアクセスブロックという手段もありますが、現行の法規定ではそこまで強権に対応できていないのが現状であります。つまり削除できないままに苦々しい対応を余儀なくされてしまいます。そんな状態のなかでそのようなサイトに対しての制裁は逆SEO対策する手段です。これは検索サイトなどで上位に来ないように意図的に順位を下げる方法です。検索サイトからやってくる人の多くは検索順位が1ページ目のように上位から来ている確率が高いので、その検索順位を限りなく何ページも舌の位置にずらして目立たなくさせてしまう方法を使うわけです。そして実際にそのようなサービスを提供している会社も存在していたりします。

逆SEO対策で風評被害を防止しよう

インターネットでネットショップなどを経営していると、あらぬ噂が広がり商品の悪評や誹謗中傷の口コミが広がる事があります。一度ネット上でこのような風評被害にあった時、全てを把握して解除する事は難しくなってきます。この時に逆SEO対策を行うと良いでしょう。逆SEO対策とは悪評を広げているサイト自体を検索ワードをかけた時に下の順位に表示させる方法です。サイトを削除するのではなく、サイト自体を人の目に付かないようにさせるようにします。またこの逆SEO対策をする事は被害を抑える効果だけではありません。ご自身が運営しているサイトがより検索ワードにかかりやすくなり、上位に位置させる事が可能となります。この為、顧客数が増えたり、売り上げを伸ばす事が出来たりというメリットも含みます。利用方法は専門の業者に依頼する事ですぐに取り掛かってくれるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

逆SEO対策を行う方法

ウェブサイトは出来るだけ多くの人にアクセスをして欲しいと考えるものです。しかし、悪用される恐れがある場合には、検索をしてもその検索に引っかかって欲しくはない、と考える人もいます。その場合には、逆SEO対策を行っておくと良いです。個人で作成をしているウェブサイトレベルであれば、避けタグを挿入しておくことによって対応をすることが出来るようになります。完全に避けることは出来ないかもしれませんが、ある程度の効果を発揮させることが出来るようになっているのです。簡単なタグを挿入するだけなのでとても便利ですし、気軽に逆SEO対策を行うことができる方法でもあるので、チェックをしてみると良いです。参考になることもたくさんあるので、ウェブサイトで調べて避けタグを入れてみると良いです。そうすることでトラブルも避けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)